スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超時空要塞マクロス 登場人物

マクロス ポスター
(c)BIGWEST

今日はマクロスに登場する個性あふれるキャラクター達を紹介するぜ!
マクロスといえば主人公<一条輝>を中心に展開される、<三角関係>もストーリー展開に欠かせないエッセンス。
とはいえ、小学生の時には全然ぴんとこなかったけどな!
当時は<早瀬美沙>より、絶対<リン・ミンメイ>だったし。

そんな登場人物たちを振り返ってみるぜ!

主人公・一条 輝



一条輝
(c)BIGWEST

「超時空要塞マクロス」の主人公がこの<一条輝>
地球統合軍バルキリーのパイロット。
主人公の割には、パイロットとしての腕前はいまいち
先輩であるロイ・フォッカーに負けるのはよしとしても、後輩のマックスに比べてもいまひとつパッとしない、主人公っぽくない主人公。
まぁそこが普通の青年ぽくていいんだけどね。

テレビ版では成りゆきでバルキリーに搭乗し、そのままマクロス艦内へ、そして軍隊入隊という遍歴をたどるが、劇場版では最初から軍人。

あだ名は「ミスター・ランジェリー」、「墜落王」。
マジで。

リン・ミンメイ



リン・ミンメイ
(c)BIGWEST

三角関係の一角を担うのが、アイドル歌手<リン・ミンメイ>
テレビ版では、最初は叔父さんの中華料理店<娘々(ニャンニャン)>を手伝う高校生。
マクロス艦内で開催された、ミス・マクロス・コンテストで優勝しアイドルの道へ。
輝と会った頃は普通の高校生だったが、劇場版ではアイドルになってから輝と出会っている。

劇中ではミンメイの唄う歌が、ゼントラーディーの戦意を喪失させる、というデカルチャーな展開で<歌>がキー・ファクターになっている。
そのため劇中ではしつこいくらいにミンメイの歌が流れる。

早瀬 未沙



早瀬美沙
(c)BIGWEST

ミンメイの恋敵、<早瀬 未沙>
マクロスの主任航空管制オペレーター。
輝に「おばさん」と呼ばれるが、実際は19歳。
テレビ版では「でんでんむし」みたいな髪型をしているが、劇場版ではストレートになっている。
子供のころは、「早瀬未沙よりミンメイだろ!絶対!」と思っていたけど、
大人になった今だと、やっぱり早瀬大尉の方がイイ。

ロイ・フォッカー



ロイ・フォッカー
(c)BIGWEST

輝の先輩でもあり、地球統合軍 バルキリー・スカル大隊(劇場版では小隊)の隊長。
パイロットとしての腕は抜群なんだけど、テレビ版、劇場版ともに戦死してしまう。
オレ的にも大好きなキャラクター。
彼の乗るバルキリーVF-1Sは通称<ロイ・フォッカー・スペシャル>と呼ばれ、一度も落とされたことがないのが自慢だった。
テレビ版ではその機体は輝に受け継がれる。

マックス(マクシミリアン・ジーナス)



マックス
(c)BIGWEST

バルキリーの天才パイロット、<マクシミリアン・ジーナス、マックス>
一条輝がバーミリオン小隊長に任命されたときに、部下として柿崎速雄と一緒に配属されてきた。
主役で上官の輝よりも、パイロットとしての腕は上。
(劇場版では輝より先に小隊長になる)

ゼントラーディーの中でも「凄腕」とうわさになって、ミリアに一騎打ちを申し込まれる。
その後二人は結婚。
子供の名前は<コミリア>というふざけた名前。

柿崎 速雄



マックスと柿崎
(c)BIGWEST

のーてんきなやられキャラ的脇役の<柿崎 速雄>
テレビ版では輝の部下で、劇場版では同僚になる。
テレビ版ではマクロスの全方位バリアの暴走に巻き込まれ死亡。
劇場版ではミリアに一撃で撃墜される。
大食漢でスケベキャラだが、明るく前向きで、どことなく憎めないヤツ。

ブリタイ・クリダニク



ブリタイ
(c)BIGWEST

ゼントラーディ軍第118基幹艦隊(ボドル基幹艦隊)・第67グリマル級分岐艦隊司令。
劇場版とテレビ版ではだいぶ顔が違う。
もちろん敵キャラだが、劇中クライマックスでミンメイの歌を聴き、マクロスに味方する。

ミリア・ファリーナ



ミリア
(c)BIGWEST

ゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊ラプ・ラミズ艦隊所属のエース・パイロット。
クァドランを駆り、「凄腕」マックスに一騎打ちを挑むが敗北。
リベンジのためにマイクローンになってマクロスに潜入。
ゲームセンターにて、テレビゲームでマックスと勝負するも、またしても敗北。
その後マックスのデートの誘いを、決闘と勘違いし襲いかかるが三度目の敗北。

その後はマックスと星間結婚をし、娘コミリアが誕生する。

劇場版では逆の設定で、マックスがメルトランディーに帰化している。

カムジン・クラヴシェラ



カムジン
(c)BIGWEST

ゼントラーディ軍きってのエースパイロットではあるが、周囲を顧みない戦闘指揮ぶりから「味方ごろしのカムジン」と呼ばれる。
部下からは「親分」と呼ばれ慕われる。
テレビ版では愛機<グラージ>に乗り、敵キャラとして活躍するが、劇場版での登場は少ない。
劇場版でロイ・フォッカーと相打ちになったのがカムジン。

その他大勢


全員紹介しているときりがない事に気がついたので、ちょっと手を抜きます。

ブルーノ・J・グローバル


グローバル艦長
(c)BIGWEST

ブルーノ・J・グローバル
マクロスの艦長。
トレードマークは口にくわえたパイプ。
しょっちゅうブリッジの入口に頭をぶつける。

クローディア・ラサール


クローディア
(c)BIGWEST

クローディア・ラサール
マクロスの航法・火器管制主任オペレーター。
早瀬未沙の友人で、ロイ・フォッカーの彼女。

ブリッジ三人娘


ヴァネッサ キム シャミー
(c)BIGWEST

左から ヴァネッサ・レイアード キム・キャビロフ シャミー・ミリオム

リン・カイフン


リン・カイフン
(c)BIGWEST

リン・カイフン
ミンメイのいとこでマネージャー。
劇場版では実兄。
嫌な奴。

エキセドル・フォルモ


エキセドル
(c)BIGWEST

エキセドル・フォルモ
ゼントラーディー軍の記録参謀。
ブリタイの右腕。

ラプ・ラミズ


ラプ・ラミズ
(c)BIGWEST

ラプ・ラミズ
女性兵士のみで編成されたゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊直属前衛艦隊司令。
ミリアの上官で、カムジンの彼女。

ボドル・ザー


ボドル・ザー
(c)BIGWEST

ボドル・ザー
ゼントラーディ軍第118基幹艦隊(ボドル基幹艦隊)司令長官。
劇場版ではゴルグ・ボドルザー
敵の大ボス。

ワレラ・ナンテス、ロリー・ドセル、コンダ・ブロムコ


ワレラ・ナンテス、ロリー・ドセル、コンダ・ブロムコ
(c)BIGWEST

ワレラ・ナンテス、ロリー・ドセル、コンダ・ブロムコ
左からコンダ、ロリー、ワレラ。
ミンメイの追っかけゼントラーディー人。
ある時はおもちゃ屋、またある時はクリーニング屋。
3人の名前を続けて読むと「われら、ロリコンだ」になる。

ミンメイ人形


ミンメイ人形
(c)BIGWEST

背中にスイッチがあってミンメイの歌が流れる。
劇場版ではひっくり返っている状態からひとりでに起き上がるデカルチャーなシーンがある。

その他、町会長さんだとか、よっちゃん(「娘々」の向かいの蕎麦屋の息子)とか、ミンメイの叔父さん叔母さんとか、両親とかいるけど省略しました。

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

コメントテスト

テスト投稿ですよ

全てのページに愛を感じる!

タグクラウド

最近の記事

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。